FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VSTエフェクトPiconizerを作る際、参考にした本やページなど。

VSTエフェクトPiconizerを作る際、参考にした本やページなどをご紹介したいと思います。

書籍

フーリエの冒険
フーリエの冒険
フーリエ解析について書かれた本の中では、かなりわかりやすい本です。
フーリエ解析がサッパリワカランという人には、とても良い本だと思います。

これなら分かる応用数学教室―最小二乗法からウェーブレットまで
これなら分かる応用数学教室―最小二乗法からウェーブレットまで
フーリエの冒険よりは大分数学的で難しくなりますが、
数学科の人が使っているような参考書よりはやさしい本です。

C言語ではじめる音のプログラミング―サウンドエフェクトの信号処理
C言語ではじめる音のプログラミング―サウンドエフェクトの信号処理
こちらは実装に関する本です。フィルタリングの参考にしました。
章によってはフーリエ変換について知っているのが前提といってもいい内容となっています。
つまりある程度数学的な知識が必要とされます。

サウンドプログラミングを始めるにあたってまずこの本を購入したのですが、
最初の方でフーリエ変換の話が出てきて、数学が苦手な私は読み進められなくなってしまい、
結局しばらく数学を学ぶこととなりました。その際に購入した本のうち2つが上記の2冊です。

私は大の数学嫌いで、これまで可能な限り数学を避けてきたため、
フーリエ解析にたどり着くまで結構な時間が掛かってしまいました。
(小・中・高の算数/数学と順にやり直していく中、ガロア理論に興味がわいてそっちに脱線したり、
 「理論的にはフーリエ解析を学ぶ前にルベーグ積分をやっておかないとまずい」という
 OKWaveの解答を読んでルベーグ積分までやったため余計に時間が掛かりました。
 というのもルベーグ積分を学ぶにはある程度の集合や位相などの知識があることが前提となるので、
 更なる学習が必要となったためです。
 (理論的にはまずいのかもしれませんが、プログラミングする上では
  ルベーグ積分を知らなくても特に困らないです。)


Webページ

VSTiの作り方
g200kgさんのページです。VSTを作る上で非常に参考になりました。
VST以外のDTMについての情報も豊富でそちらも参考になります。
また、この方の開発されたKnobManというノブのイメージを作るソフトを使わせて頂きました。

汎用 FFT (高速 フーリエ/コサイン/サイン 変換) パッケージ
京都大学数理解析研究所の大浦拓哉氏の開発された
FFTパッケージのダウンロードページです。
FFTの処理で使わせて頂きました。

FC音源とは
FC音源について書かれたニコニコ大百科です。
かなり詳しいです。

音声の波形からピッチを検出するアルゴリズム
ピッチ検出について書かれたページです。
このページ及び、このページで紹介されている動画や論文を参考にさせて頂きました。

Pythonで音声信号処理
Pythonでの音声信号処理について書かれたページです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kenji Suzuki

Author:Kenji Suzuki
IT技術に関するあれこれを書いているブログです。
Pujohead Softの方では開発したソフトを公開しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

プログラミング デザインパターン コードリーディング bat 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。